WiMAXのキャンペーンを比較 最新情報

一人暮らしや、インターネットの料金を下げるのに最適なのが「モバイルルーター」を契約するという選択肢。

インターネット契約は「携帯」の料金と「家の回線」の合算、もしくは「携帯」だけの契約が一般的だと思います。

携帯とWiMAXのダブル契約でインターネット回線費用を安くする

なぜダブルで契約するのかというと、WIMAXでは「電話番号」が手に入らないから。格安SIMの「通信のみプラン」のようなものです。インターネット接続はできるが、電話の発信、着信はできません。

もし「それだけ」で十分ならWiMAXだけの契約で十分。電話番号が必要なら格安SIMの音声通話プランから安いプランを選んで契約し、WiMAXと併用しましょう。

WiMAXは「格安SIM」との併用が最も効率がよく料金を安く済ませることができます。例えばスマホやiPhoneはすでに持っているが、SIMカードを持っていない。こんな状況だとまず、電話番号がありません。電話番号での認証が必要なサービスも少なくは無いので電話番号はほしいところ。

WiMAXは複数人でも接続できるのですが複数人の同時接続は向いていません。

なぜならWiMAXには3日10GBの制限があるから。

例えば家族4人でWiMAXにつないでいたらあっという間に10GBなんて使い切ってしまうでしょう。

また、外出時にも持ち運べるのがWiMAXの強みです。ところがWiMAXを1台しか契約しておらず、誰か1人が外に持ち出してしまうと、家にいる人はWiMAXを使うことが出来ません。

そうなると、一人一人の携帯契約で十分に容量のあるプランを契約しないといけないので、各個人の契約が高額になってしまいます。

WiMAXは大手プロバイダとの契約がお得

GMOとくとくBB,BIGLOBE ,So-net,Niftyなどが有名ですが、これらの大手プロバイダと契約するのが料金面でお得になるポイントです。

UQと直接契約することもできますが、料金が安くありません。同じサービスを利用するのであれば安い契約になるプランを選ぶべきです。

最新の端末だとW06というファーウェイ製の機種があるのでそちらがいいでしょう。

古い機種よりは新しい機種のほうが機能が充実しています。

最近は速度面での向上が難しいのでそれほど大きな変化はありません。
次に大きな動きになるとすると、旧WiMAXが完全に終了する2020年以降でしょう。10Mhzの周波数帯が空くのでその周波数帯をりようした速度向上を図るはずです。

2020年中に旧WiMAXの電波が停波になる予定ですからあせることないでしょう。